NEWS

2021年8月23日

STORES 決済、「ミーレ・ジャパン」の訪問・店頭販売決済に採用

〜さまざまなシーンでの決済をまとめて管理、業務の効率化に〜

ヘイ株式会社(以下、hey)が運営するお店のキャッシュレスサービス「STORES 決済」がドイツのプレミアム家電ブランド「Miele(ミーレ)」の日本法人であるミーレ・ジャパン株式会社(以下、ミーレ・ジャパン)のキャッシュレス決済に採用されたことをお知らせします。

Mieleは、「Immer Besser (常により良いものを)」の理念のもと、製品開発・販売を続けるドイツのプレミアム家電ブランドです。ミーレ・ジャパンは、直営店での販売のほか、お客さま宅へ訪問しての修理および設置にも対応しています。

これまで、訪問時や店頭販売時の決済において、それぞれ別の決済サービスを利用していたため、売上の管理や会計業務など、オペレーションが煩雑になっているという課題がありました。今回、「STORES 決済」を導入し、決済サービスを一元化することで、シンプルで迅速なオペレーションを実現し、業務の効率化が見込まれます。

heyは、今後も「お店のデジタル化ならまるっと」 STORES にお任せいただけるプラットフォームとして、サービス改善や拡充をはじめとした事業者のみなさまのサポート強化に努めてまいります。

【 ミーレ・ジャパンさまからのコメント 】

弊社の課題として、製品修理や販売の際に発生する現金やクレジットカード対応の際のレシートのやり取り、クレジットカード会社対応や売り上げの管理方法など、非常に煩雑になっていた業務の簡素化が急務となっておりました。この課題に対するソリューションとして STORES 決済 を導入し、よりシンプルで迅速なオペレーション工程を設計する事ができました。

導入に際しては他社サービスとの比較検討も行いましたが、hey社の細やかなフォローと弊社事業形態の理解の深さが他社よりも圧倒的に優れていたため、ご協力をお願いする事になりました。

現在の形態にとどまることなく、デジタライゼーションを実現しながら、より良いサービスを行っていくことが我々に求められている事であると認識をしており、今後もhey社と共に進化していければと考えております。


■ ミーレ・ジャパン株式会社について
Miele(ミーレ)は1899年に、「Immer Besser(常により良いものを)」の企業理念を掲げドイツで創業しました。創業者はカール・ミーレとラインハルト・ツィンカン。以来、両家のファミリーカンパニーとして発展を続け、現在約20,000名のグループ社員、約100カ国の販売拠点を有しています。製造工場は、ドイツ国内の主要8箇所を含め12箇所で、非常に高い自製率や厳格な耐久テストで、高水準の品質を維持しています。
家庭用電化製品では、ランドリー機器、掃除機、食器洗い機、調理機器などビルトイン機器も多く取り揃え、豊かなライフスタイルを実現するブランドとして、世界中で選ばれています。業務用部門のMiele Professional は、医療用・歯科用・ラボ用などの洗浄機や業務用ランドリー機器を取り扱い、世界中のプロフェッショナルの 現場に貢献し続けています。
ミーレ・ジャパン株式会社は、アジア初の Miele の現地法人として、1992年に設立されました。Miele ドイツ 本社 100%出資の子会社ならではの、次世代を見据えた長期的展望のもと、安定した製品供給と高い品質管理を 行っています。
URL:https://www.miele.co.jp


■ STORES 決済 サービス概要
STORES 決済(ストアーズ決済)はお店の方向けのキャッシュレス決済サービスです。クレジットカード、電子マネー、QRコード決済に対応しており、インターネット環境があれば屋内外問わず、いつでも、どこでも、だれでもかんたんに使えます。
サービスURL:https://coiney.com/


■ heyについて
heyは、「Just for Fun」をミッションに、こだわりや情熱、たのしみによって駆動される経済の発展を支援しています。ネットショップ開設、POSレジ、キャッシュレス決済、オンライン予約システムなど、お商売のデジタル化を支援する「STORES プラットフォーム」の展開を通じて、誰もがこだわりをもっと自由に発揮できる社会を目指します。
https://hey.jp/