ワクワクする
サービスを
つくりたい。

STORES.jpエンジニア

Tomohiro Yokota

ワクワクする
サービスを
つくりたい。

STORES.jpエンジニア

Tomohiro Yokota

―エンジニアになろうと思ったきっかけは?

苦手意識を乗り越えて作ってみたら楽しくなったプログラミング

大学生の時、アプリやWebサービスにハマり、次第にどうやって作られているのか興味を持つようになりました。

プログラミングには苦手意識があったのですが実際に作ってみると、サービスを考えることやプログラミング自体も楽しくなり、毎日寝ずにコーディングしていました。

そんな体験から、サービスを作るエンジニアになりたいなと思うようになりました。

―「楽しみ」や「やりがい」を感じるときは?

ユーザーとダイレクトに関われる距離感

ユーザーが使っている姿を想像しながら、どんな機能や仕様にするのかを考えたり、リリースしたらどんな反応があるかを考えるのがすごく楽しいです。

ユーザーとの距離感も近いので、自分たちが作ったものの反応をダイレクトに得られます。おかげで自分たちがサービスを作っているという実感をより一層感じられ、サービスを良くするのも悪くするのも自分たち次第ということに、すごくやりがいを感じます。

― hey(Coiney/STORES.jp)の魅力は?

新しいことへチャレンジしやすい柔軟でフラットな組織

組織やメンバーがフラットで柔軟なところだと思います。新しいことや考えでも、良さそうならやってみるといった環境なのでチャレンジしやすく、余計なストレスもなく働きやすいです。

エンジニアだからといって、ただ実装するだけでなく自分で考えてサービスを作っていけるのがすごく楽しいです。